jリーグ賭け

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

--> 所内専用 お問合せ 産研について 所長挨拶 理念・目標 アウトライン 歴代所長・名誉教授 組織運営 データでみる産研 産研の取組み 情報公開・刊行物 研究・施設概要 第1研究部門(情報・量子科学系) 第2研究部門(材料・ビーム科学系) 第3研究部門(生体・分子科学系) 産業科学ナノテクノロジーセンター 産業科学AIセンター 新産業創成研究部門 特別プロジェクト研究部門 共同研究部門・協働研究所 物質・デバイス領域共同研究拠点 附属研究施設・センター 共通施設等 活動成果 研究成果 プロジェクト研究 受賞 報道情報 記者発表 イベントレポート その他の活動 大阪大学研究専用ポータルサイト「ResOU」 社会共創 産研発ベンチャー 実績紹介 ユースケース インタビュー 産学連携イベント 出展情報 産研リサーチパークについて 技術・学術相談 ご支援のお願い 産業科学研究所 戦略室(産学連携・知的財産活用部門) 産業科学研究所研究教育支援事業 教育・地域連携 学生生活 産研に進学するには 産研主催イベント 一般・学校向け活動 産研フォトツアー SDGs サステナビリティ --> お問合せ 報道関係者の方へ 施設見学お申し込み 採用募集 アクセス 産研同窓会 産研協会WEB サイトマップ サイトポリシー Search --> 報道関係者の方へ 施設見学お申し込み 採用募集 アクセス 所内専用 産研について 所長挨拶 理念・目標 アウトライン 歴代所長・名誉教授 組織運営 データでみる産研 産研の取組み 情報公開・刊行物 研究・施設 第1研究部門(情報・量子科学系) 第2研究部門(材料・ビーム科学系) 第3研究部門(生体・分子科学系) 産業科学ナノテクノロジーセンター 産業科学AIセンター 新産業創成研究部門 特別プロジェクト研究部門 共同研究部門・協働研究所 物質・デバイス領域共同研究拠点 附属研究施設・センター 共通施設等 活動成果 研究成果 プロジェクト研究 受賞 報道情報 記者発表 イベントレポート その他の活動 大阪大学研究専用ポータルサイト「ResOU」 社会共創 産研発ベンチャー 実績紹介 ユースケース インタビュー 産学連携イベント 出展情報 産研リサーチパークについて 技術・学術相談 ご支援のお願い 産業科学研究所 戦略室(産学連携・知的財産活用部門) 産業科学研究所研究教育支援事業 社会共創  産研では、産業科学の名を冠する我が国唯一の研究所として、世界トップレベルの研究を世界の企業と結びつけ、産業界に大きく貢献する使命をもって活動しています。 教育・地域連携 学生生活 産研に進学するには 産研主催イベント 一般・学校向け活動 産研フォトツアー SDGs 教育・地域連携  産研には、現在28の研究室があり、大阪大学の理学・工学・基礎工学・薬学・情報科学・生命機能研究科より210名の大学院生が在籍しています。また、国内外の学生や社会人を対象とした活動を通して、科学への関心を高め、科学技術分野の研究について紹介し、社会・地域への教育・研究・イノベーション拠点としての貢献にも取り組んでいます。 サステナビリティ --> お問合せ EN 研究室情報 研究・施設 エネルギー・環境材料研究分野(山田研) Department of Energy and Environmental Materials (Yamada Lab.) website # 二次電池 # 燃料電池 # Power-to-Xデバイス # 電気化学 エネルギー・環境材料研究分野では、電気エネルギーと化学エネルギーの相互変換を扱う「電気化学」の基礎学理を追究するとともに、エネルギーの「貯蔵(二次電池)」、「変換(燃料電池)」、「利用(高付加価値物質製造)」の3つのプロセスにおける革新的材料・技術の開発を行っています。具体的には、独自の設計戦略に基づく新規電池材料の開発、リチウムイオン電池を超える高エネルギー密度二次電池の実現に向けた新反応の開発、燃料電池の飛躍的な高性能化を可能にする革新的電極触媒の開発、電気の力で高付加価値物質(水素、炭化水素、アンモニア)を合成する次世代Power-to-Xデバイスの開発に取り組んでいます。独自の材料系や解析手法に基づき、斬新なアプローチによってエネルギー・環境問題の解決に資する革新的デバイスの開発に挑戦しています。 メンバー 山田 裕貴 Yamada Yuki |教授 Research Map 学位: 博士(工学)(2010年9月 京都大学) 経歴: 2021年4月 - 現在 大阪大学 産業科学研究所 教授 2020年4月 - 2021年3月 東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 准教授 2018年4月 - 2020年3月 東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 講師 2010年10月 - 2018年3月 東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 助教 片山 祐 Katayama Yu 准教授 Research Map 近藤 靖幸 Kondo Yasuyuki 助教 Research Map 崔 亮秀 Sai Ryansu 特任助教 Research Map 研究紹介  新たな電解液材料が可能にする高電圧リチウムイオン電池 リアルタイム界面可視化技術が可能にする電気化学反応場の最適設計 最新の研究テーマ 次世代二次電池に向けた高機能電解液の設計指針の確立Electrode potential influences the reversibility of lithium-metal anodesSeongjae Ko, Tomohiro Obukata, Tatau Shimada, Norio Takenaka, Masanobu Nakayama, Atsuo Yamada, Yuki YamadaNature Energy 2022年10月27日 リチウムイオン電池の界面反応機構の解明Kinetics of interfacial ion transfer in lithium-ion batteries: mechanism understanding and improvement strategiesYasuyuki Kondo, Takeshi Abe, Yuki YamadaACS Appl. Mater. Interfaces 2022年2月15日 オペランド反応解析を基軸とする高効率CO2資源化デバイスの開発An in situ surface-enhanced infrared absorption spectroscopy study of electrochemical CO2 reduction: selectivity dependence on surface C‐bound and O‐bound reaction intermediatesYu Katayama, Francesco Nattino, Livia Giordano, Jonathan Hwang, Reshma R. Rao, Oliviero Andreussi, Nicola Marzari, Yang Shao-HornJ. Phys. Chem. C 2018年12月19日 常温・常圧アンモニア電解合成実現のための電極|電解液界面反応設計Water increases the Faradaic selectivity of Li-mediated nitrogen reductionMatthew Spry, Olivia Westhead, Romain Tort, Benjamin Moss, Yu Katayama, Maria-Magdalena Titirici, Ifan EL Stephens, Alexander BaggerACS Energy Letters 2023年1月31日 研究室情報 研究・施設 エネルギー・環境材料研究分野(山田研) Department of Energy and Environmental Materials (Yamada Lab.) website 産研同窓会 産研協会WEB サイトマップ サイトポリシー 大阪大学理工情報系オナー大学院プログラム 国立大学附置研究所・センター会議 ©2023 SANKEN, Osaka Univ.

ライブカジノハウス入金方法 プロ野球オッズ moneytrain2 ベレス・サルスフィエルド
Copyright ©jリーグ賭け The Paper All rights reserved.